更年期の生理痛について

更年期の生理痛について

更年期になると、生理痛で悩む方が少なくなるとも言われていますが、それには、ホルモンバランスが大きく関係していると言えるでしょう。更年期になったからと言って、全ての人が生理痛で悩まなくなるというわけではありませんが、そういった傾向にはあります。

また、更年期になると、いつ閉経をしてもおかしくない状態とも言えます。閉経をする前には、月経周期の間隔が遅くなる、早くなる、月経日数についてもバラつきが出てくるようになります。つまり、生理不順に陥るということですね。このような症状が続くと、いつしか閉経をするということも多いようです。

但し、更年期には、女性特有の病気に罹ることもあります。子宮筋腫、子宮がんなどの場合、生理不順などが起こることもあるため、その他に気になる症状が無いか、自分できちんと判断することが大切です。閉経前だからと安心しすぎてしまうのは良くありません。更年期であまりにも生理痛がひどい場合も、病気の可能性が考えられます。

自分で判断するのは難しいと思いますので、不安な点があるようでしたら、一度受診することをおすすめします。