生理痛は周囲の人に理解してもらうことも大切です

生理痛は周囲の人に理解してもらうことも大切です

生理痛は、一人で抱え込んでしまう方もいるようです。確かに、自分自身の体の問題ですから、人は関係ないかもしれません。しかし、自分だけが辛い思いをして、苦しんでいると、余計に生理痛の症状が悪化することもあります。

たとえば、ストレスは生理痛にとって大敵ですが、一人で悩んだり、落ち込んだりしていると、それがストレスにも繋がるでしょう。一人で考え込んでしまうと、余計に辛くなってしまい、生理痛の時には泣いてしまう方もいるのです。このような状態は決して良くありませんから、周囲の人に状況を話して、理解をしてもらい、手助けをしてもらうと良いでしょう。

例としては、自分の好きなことを一緒にやってもらう、何も言わずにそばにいてもらうといっただけでも良いと思います。一人では無い、誰かが支えてくれるというだけで、心強いのではないでしょうか。特に男性というのは、生理がどのようなものかよく理解できないと思いますので、それを正直に伝えることが大切です。生理痛のせいで、すれ違ってしまうというのは避けたいですよね。人に話すのは嫌だと感じるかもしれませんが、話すことですっきりすることもありますので、思い切って話したり、相談したりしてみてはいかがでしょうか。