生理痛と発熱の関係について

生理痛と発熱の関係について

生理痛として、発熱という症状が現れることもあります。軽い発熱の場合もあれば、38度以上もの高熱が出る方もいるのです。毎月発熱してしまうと、仕事などにも影響するでしょうし、なにより生理痛で発熱が出るということを不安に感じる方もいるでしょう。

生理痛が原因で起こる発熱は、早ければ1日で治まることもありますが、解熱鎮痛剤を使用することにより、熱を下げることはできます。しかし、生理痛によって発熱が起こるというのは、なにかしらの病気が原因だという可能性も考えられます。たとえば、子宮内膜症やクラミジアといった病気の場合、発熱することもあるのです。もし、あまりにも毎月発熱するようであれば、医師に相談し、検査を受けてみた方が良いかもしれません。

生理痛の時に発熱の症状が現れる場合は、普段から血行を促進するように心がけると改善されることもあります。運動不足の場合には、生理痛の時に発熱することもありますので、毎日適度に運動をすることもおすすめします。