生理痛と子宮腹筋症について

生理痛と子宮腹筋症について

生理痛がひどくてお悩みの方は多いでしょうが、あまりにも症状が緩和されないようであれば、何かしらの病気の可能性もあります。たとえば、子宮腹筋症もその一つです。子宮に関する病気はいくつかありますが、子宮腹筋症は、子宮内膜が、子宮の内側部分に入ってしまって、その部分で増殖するという病気になります。増殖を繰り返しているうちに、子宮が徐々に大きくなっていき、生理痛の悪化にも繋がるということになります。ですから、どんどん痛みが増すようであれば、子宮腹筋症の可能性もありますので、一度受診した方が良いでしょう。

子宮腹筋症だった場合には、手術をする以外にも治療法はあります。たとえば、GnRHアゴニストを服用することにより、増殖を抑制することもできますし、ピルを服用するという治療法もあるのです。多くの方が、なるべく手術を避けたいと思うでしょうから、生理痛がひどければ病気の可能性も考えて、一度受診してみましょう。