無月経の症状と原因について

無月経の症状と原因について

生理痛で悩まされている方もいるでしょうが、生理不順や無月経で悩んでいる方もいるでしょう。無月経というのは、その名前の通り、生理が来ないことを言いますが、無月経にもいくつかのタイプがあります。

若い方でも、無月経になることがあるのですが、ホルモンが正常に分泌されず、生理が来ない状態になることがあります。月経によって排卵をしていますので、無月経の場合には排卵も行われません。つまり、妊娠もできない状態になってしまうということです。

無月経は、卵巣機能が低下したことが原因で起こる卵巣性無月経、ストレスや生活環境などが原因で起こる視床下部性無月経、卵巣機能を阻害するホルモンが分泌されることによって起こる脳下垂体性無月経などがあります。その他、人工妊娠中絶を何度も行ったことによって、無月経になってしまう場合もあります。

このように、人によって原因は様々ですので、無月経を改善するためには、その原因を取り除くことが大切です。自分で原因を突き止めるのは難しいでしょうから、一度婦人科を受診して、原因を突き止めることから始めてみてはいかがでしょうか。生理が始まれば、生理痛で悩まされることもあるでしょうが、正常に生理が来るようにすることは、大切なことです。