年齢に伴う生理の悩みについて

年齢に伴う生理の悩みについて

女性は、10代で生理が始まってから、閉経するまでの間、ずっと生理が来ることになりますよね。長年に渡って、辛い生理を経験するというのは大変なことですが、年齢によっても、生理の状態というのは異なります。

10代で生理が始まるのは、卵巣からホルモンの分泌が始まるからであり、最初の頃は、ホルモンの分泌量も安定しません。それによって、月経異常が起こることもありますが、月経異常というのは、10代から40代といったように、幅広い年代の方に現れる可能性があります。

20代になると、卵巣機能が向上して、ホルモンの分泌量も安定します。それと同時に、子宮内膜症や子宮筋腫、子宮頸がん、不妊といったように、様々な女性のトラブルが起こる可能性もあるのです。こういった病気が原因で、生理痛がひどくなることもあります。

更年期になると、ホルモンの分泌量が低下し、生理周期も乱れます。徐々に、閉経へと向かっていくのです。高齢になると、子宮体がんや卵巣がん、骨粗鬆症、更年期障害といった病気に罹る可能性もありますので、注意が必要ですそして、60歳を過ぎると、ホルモンの分泌がなくなるために、閉経をするといった流れになります。

どの年代の方であっても、ひどい生理痛で悩む可能性はありますが、病気が原因のこともあれば、生活習慣が原因の場合もあります。それぞれの年代によっても、生理痛の症状が異なりますので、もし不安なことがあるのであれば、一度受診してみると安心できるのではないでしょうか。