生理痛の原因によって漢方を使い分けましょう

生理痛の原因によって漢方を使い分けましょう

人によって、生理痛の原因は異なります。漢方薬を利用して生理痛を緩和することもできますが、そのためには、生理痛を引き起こしている原因を追究する必要があるのです。

生理痛の症状、原因として、貧血やストレス、体の冷えといったことが挙げられます。生理中に体内の血液が不足することにより、生理痛を引き起こすことがありますが、貧血といった症状が現れることもあります。生理周期が長めの方、生理中に顔が白っぽくなってしまうといった方は、貧血が起こっている可能性があります。貧血が原因の場合には、ホルモンバランスを整えて、なるべく血液の量を増やすことが大切ですから、そういった効果のある漢方をおすすめします。

また、ストレスが溜まることによって、生理周期が遅れたり、生理痛がひどくなったりすることがあります。生理中は、ただでさえイライラしてしまいがちですが、普段からストレスを溜めている方は、余計に精神面が不安定になってしまうことがあり、不眠や過食に陥る場合もあります。ストレスは肌荒れにも繋がります。こういった場合は、精神を安定させるのに効果的な漢方を試してみると良いでしょう。

最後に冷え症ですが、冷え症は、体内の血液の流れが悪くなることによって起こります。冷え症の場合は、出血量が多い生理の1日目や2日目に生理痛がひどくなるという傾向があり、頭痛も生じやすいのです。冷え症を改善するためには、血液の流れを促進することが大切ですから、そういった効果のある漢方を利用してみてください。

漢方を処方してもらう時には、自分の症状などを伝えることになると思いますので、医療機関では、きちんと自分の症状、悩みなどを伝えるようにしましょう。