生理痛と甘い食べ物について

生理痛と甘い食べ物について

女性は、甘い食べ物を好む方も多いでしょう。チョコレート、あめ、アイスクリームなど、甘い食べ物というのはたくさんありますが、生理の時は、甘いものを控えた方が良いと言われています。甘いものは、少量であれば、血液の流れを促進する効果があるため、体の冷えで悩んでいる方には向いているのですが、あまりにも多くの量を摂取してしまうと、体にとって大切な、ミネラルやビタミンといった栄養素が失われてしまいます。こういったことから、生理痛をひどくしてしまうこともありますので、甘いものは、生理中は特に控えるようにしましょう。

しかし、甘いものを全く止めるということが、ストレスになってしまう場合もあります。ストレスも生理痛を悪化させるため、どうしても甘いものを食べたいという衝動が抑えられないようであれば、プルーン、ドライフルーツといったものを食べるようにしましょう。こういったものも甘いですが、体に良いものですし、健康効果にも繋がります。便秘でお悩みの女性も多いと言われますが、プルーンは便秘の解消に効果的ですよね。絶対に甘いものを食べてはいけないというわけではありませんので、こういった工夫をしながら、生理痛を緩和するように心がけてみましょう。