生理痛とうつの関係について

生理痛とうつの関係について

生理痛は、病院に行って治療をすることもできますが、生理痛を緩和するためには、鎮痛剤が処方されるのが一般的です。また、低用量ピルを処方されることもありますが、場合によっては、抗うつ剤が処方されることもあります。つまり、うつと生理痛には、関係があるということになります。

生理痛は、ストレスなどの精神面が影響を及ぼすこともあります。ストレスを抱え込むことによって、うつ病になってしまうこともありますが、生理痛をひどくすることもあります。精神状態が不安定な状態に陥ってしまうと、女性の場合は、体に様々なトラブルを引き起こしますし、うつ病によって、睡眠不足になることもあるでしょう。睡眠不足は、生理痛にも影響しますから、うつ病の様々な症状が、生理痛を悪化させると言えます。

こういったことから、うつ病だと診断された場合は、生理痛の緩和のために、抗うつ剤が処方されることもあります。もし、うつ病である可能性がある方で、生理痛がひどいようであれば、一度受診されてみてはいかがでしょうか。