生理痛と子宮腹筋症

生理痛と子宮腹筋症

生理痛がひどいという場合には、子宮腹筋症の可能性もあります。子宮筋腫や子宮内膜症といった病気ほど有名なものではありませんが、子宮腹筋症も注意しなくてはなりません。子宮腹筋症というのは、子宮の内側の筋肉がある部分に、子宮内膜が入ってしまい、そこで増殖を起こすため、子宮の内側の壁が厚くなるというものになります。そのまま放置してしまうと、子宮自体がどんどん大きくなってしまいますので、それによって生理痛がひどくなることもあるのです。

子宮腹筋症であると診断された場合は、ピルを利用して、月経過多を治療する方法、GnRHアゴニストを使用して、子宮内膜が増殖するのを防ぐ方法などがあります。こういった薬によって治療する方法もあれば、手術によって治療をする方法もあります。早期発見できれば、手術をせずに済む場合も多いですから、生理痛がひどいという場合や月経過多といった症状が現れている場合には、一度受診してみてはいかがでしょうか。