子宮内膜症の検査方法

子宮内膜症の検査方法

生理痛がひどいという症状がある場合、子宮内膜症の可能性もありますが、だからと言って、確実に子宮内膜症だとは言えません。子宮内膜症であるかどうか知るためには、病院できちんとした検査を受ける必要があります。

子宮内膜症かどうかを調べるためには、まず、問診を行い、症状などを聞かれます。自覚症状がある場合には、そこできちんと伝えましょう。続いて内診や超音波検査を行います。内診では、卵巣や子宮を指で調べるといった方法になります。実際に触ることによって、異常がないかどうかを調べることができるのです。

超音波検査では、子宮の大きさなどを確認することができます。その上で、血液検査を行い、異常な値が出ていないかといったことを調べ、必要によっては、MRI検査やCT検査も行われます。子宮内膜症ではなく、子宮筋腫などの可能性もあるため、どういった状態なのかを詳しく調べる必要があります。検査をするのは嫌なことかもしれませんが、病気はなんでも早期発見が大切ですし、生理痛を緩和する手段にも繋がります。だからこそ、気になる症状があるのであれば、検査を検討してみてはいかがでしょうか。