子宮内膜症の症状と治療法

子宮内膜症の症状と治療法

生理痛がひどいと、子宮内膜症の可能性もあると言われますが、生理痛がひどいという他に、どういった症状が現れるものなのでしょうか。

子宮内膜症の場合、腰痛、腹痛といった症状も現れますし、過多月経にもなりがちです。一つひとつの症状だけ見ると、大したことが無いように思えるかもしれませんが、もしすべての症状に当てはまるようであれば、子宮内膜症かもしれません。生理痛がひどいというだけでも辛いものですが、その上、子宮内膜症であることによって、妊娠しにくくなってしまうとも言われています。女性は、妊娠、出産を希望されている方も多いでしょうが、もし不妊で悩まれているのであれば、子宮内膜症の可能性もあります。また、たとえ妊娠したとしても、流産してしまう危険性も伴います。

子宮内膜症の場合、生理痛を緩和するために、鎮痛剤が処方されたり、ピルなどを使ったホルモン療法をしたりすることがあります。そして、薬で治療が難しい場合には、手術による治療が行われることもあります。なるべくリスクを軽くするためにも、早めに症状に気付き、病院にて治療を受けることが大切です。