子宮内膜症によって起こる生理痛

子宮内膜症によって起こる生理痛

生理痛がひどいという方は、子宮内膜症が原因となっている可能性もあります。女性には、子宮内膜という部分があるのですが、それ以外に、内膜組織ができることを言う病気であり、子宮内膜症にかかる女性は多いようです。

子宮内膜というのは、毎月、増殖したり、剥離したりすることになり、それによって生理が起こります。しかし、子宮内膜以外のところで剥離をしたとしても、それがうまく排出されないために、体内に溜まってしまうことがあるのです。放っておくと、どんどん他の臓器にまで栄養を及ぼす可能性があるため、なるべく早く治療をすることが大切です。

ただ、生理痛がひどいだけでは、すぐに子宮内膜症という判断を自分で下すのは難しいことでしょう。そのまま放置してしまうと、不妊にまで繋がってしまうことがあるため、女性は気を付けなければならないとされている病気の一つなのです。生理痛がひどい方は、子宮内膜症の疑いもありますので、一度受診してみた方が確実でしょう。