生理痛と眠気の関係について

生理痛と眠気の関係について

生理痛には、眠くなるという経験のある女性は多いでしょう。生理痛は、痛みも辛いものですが、働いている方にとって、眠気も辛いことでしょう。生理の時に、なぜ眠気が起こるのかと言うと、女性ホルモンが大きく関係しています。生理ではない時には、プロゲステロンという女性ホルモンのバランスが保たれていますが、生理の時には、プロゲステロンの分泌量が減ってしまい、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことがあります。そうすると、副交感神経の働きが衰えてしまい、夜にはあまり眠れなくなってしまうことがあるのです。夜に眠れない分、日中に眠くなるというのは当然のことでしょう。

女性ホルモンのバランスが崩れると、イライラしてしまいがちになり、それも影響して眠りにくくなってしまうこともあります。生理の時に、激しい眠気に悩まされている方は、なるべくリラックスできる環境を作って、体を休ませることが大切です。ストレスは、生理痛の悪化にも繋がりますので、生理痛がひどい方も、リラックスすることは大切です。自分の好きなことをして過ごす時間を、1日に少しで構いませんので、作るようにしてみてください。