生理痛と便秘の関係について

生理痛と便秘の関係について

生理中に、便秘になりやすいという方もいるようですが、一見、生理と便秘には関係が無いように思えますよね。しかし、生理痛が起こりやすい方は、便秘になりやすいとも言われていますので、便秘を改善することが、生理痛の緩和にも繋がる可能性があります。

女性の場合、排卵が起こると、黄体ホルモンというものが分泌されることになります。黄体ホルモンは、子宮の収縮を抑制する働きがあるのですが、このホルモンの影響により、大腸の働きを抑制することにも繋がります。大腸の働きが抑えられるということは、便が排出されにくくなってしまうため、便秘になるという流れになります。

また、黄体ホルモンというのは、体内の水分を溜め込んでしまうとも言われています。体内の水分が不足することにより、骨盤の血液の流れも悪化してしまい、それが原因で生理痛が起こるということもあります。これが、便秘と生理痛の関係であり、原因は黄体ホルモンにあるのです。

便秘に悩んでいる方は、なるべく水分を摂取するようにするというのが効果的ですし、新陳代謝を活発にするように促す必要があります。たとえば、毎朝1杯水を飲むだけでも便秘対策に繋がりますので、試してみてはいかがでしょうか。便秘と生理痛が一度に来るというのは避けたいものですよね。