手術による生理痛の治療法

手術による生理痛の治療法

生理痛は、様々な治療法があります。婦人科を利用する場合には、生理痛を緩和する薬が処方されるのが一般的ですが、手術をすることによって治療をすることもできます。手術をするというのは珍しいことであり、何らかの病気が原因で生理痛が起こっている場合に、手術をすることがあるという程度になります。

生理痛を緩和するための手術方法としては、開腹手術として、生理痛の原因となっている子宮などを除去するという方法と子宮などは残した状態で、病気が発生している部分だけを除去するという方法があります。これを、根治手術と温存手術といった言い方をしますが、最も効果が高いのは、根治手術です。但し、子宮などを取り除けば、妊娠できなくなってしまったり、それ以降は生理が無くなるといったデメリットがあります。

続いて、腹腔鏡下手術というものもあり、これは開腹する必要は無く、体に小さな穴を3か所開けて、そこから腹腔鏡を入れ、手術を行う方法になります。開腹はしなくて済むため、リスクは低いですし、手術後の回復も早くて済むという特徴があります。

生理痛は、子宮筋腫などが原因で起こることもありますので、もしこういった病気が見つかった場合は、こういった手術によって治療をするという選択肢もあります。その際には、きちんと医師と相談しながら、決めるようにしましょう。