生理痛の緩和に効果的なピル

生理痛の緩和に効果的なピル

月経困難症の治療として、ピルが使用されることもありますが、生理痛を緩和するために、低用量ピルが使用されることもあります。あまりにも生理痛がひどいという場合には、ピルをはじめとする薬を処方してもらうことができるのですが、ピルは、どういった効果があるのでしょうか。

ピルというのは、避妊を目的として利用されているものですが、ピルを飲むことによって、月経の時に、出血両が少なくなるという特徴があります。子宮内膜が厚くなると、生理痛もひどくなると言われていますが、それを改善する効果があるのです。プロスタグランジンという物質が多く分泌されると、激しい生理痛に繋がるのですが、子宮内膜が厚くならないことにより、それを防ぐことができます。その上、子宮が収縮するのを防ぐ効果も得られます。だからこそ、ピルは生理痛の治療にも使われているのですね。

生理痛がひどくなっている原因は多々ありますので、ピルが有効ではないこともありますが、まずはピルを試してみて、痛みが緩和されないようであれば、別の方法を検討するといった方法でも良いのではないかと思います。まずは医師に相談をして、どういった方法で治療を行っていくかといった方針を決めることが大切です。