生理痛で病院を受診する場合

生理痛で病院を受診する場合

生理痛がひどい方は、病院を受診した方が良いこともあります。初めて病院を利用する方は、不安なことも多いと思いますので、病院を受診する流れについてご紹介しましょう。

病院を受診する場合は、最初に予約をすることをおすすめします。突然行っても対応してもらえることはありますが、スムーズに対応してもらうためには、最初に電話で予約を取っておくと良いでしょう。自分が行ったことのある婦人科があれば良いですが、どこが良いのか分からないという場合は、病院などを調べた上で、良さそうなところを選ぶと良いと思います。たとえば、生理痛に対する実績が豊富で、対応力が優れているところがあれば、最も良いでしょう。

良さそうな病院が見つかったら、電話で予約をしておきます。必要なものがあれば持って行った方が良いでしょうから、電話で必要なものやどのくらいの時間が掛かるかなども確認しておくことをおすすめします。病院に行くとすると、平日になるでしょうから、仕事の都合などもあるかと思います。また、検査をする場合もあるため、生理の時以外に病院に行った方が良いでしょう。

基礎体温を付けている方は、基礎体温表を持っていくと、参考になると思います。なるべく細かく、生理の状態などについても伝える必要があります。受診をする時には、最初に問診をすることになります。聞かれたら嫌なこともあるかもしれませんが、正しい情報を伝えなければなりませんので、正直に答えるようにしましょう。

後は、医師の診察を受け、アドバイスなどを受けた場合は、それを参考にした日常生活を送るようにしましょう。また、必要があれば、薬をもらうことになると思いますので、忘れずに毎日薬を飲むようにしてみてください。もし疑問などがあれば、その時に聞いてみましょう。こういった流れを把握した上で、早速病院選びから始めてみましょう。