生理痛の原因を知りましょう

生理痛の原因を知りましょう

生理痛が起こるのには、必ず理由があります。その理由というのは人によって異なりますので、ただ鎮痛剤を飲むなどして、今起こっている生理痛に対して働き掛けたとしても、翌月には、また同じ痛みを感じなくてはなりません。それを解決するためには、生理痛の原因を知ることが大切なのです。

女性も男性も、一人ひとり体の状態というのは異なります。たとえば、女性の場合、ホルモンの分泌量も人によって異なりますが、子宮を収縮させるホルモンの分泌量が多い方は、生理痛が重い傾向にあるのです。生理の時には、子宮内膜が剥がれるのですが、それを体外に出すために、プロスタグランジンというホルモンが子宮から分泌されることになります。このホルモンは、陣痛を起こすためにも必要とされるものなのですが、それが大量に分泌されることにより、痛みを伴います。これが、生理痛の原因になるのです。子宮を収縮させるホルモンですから、それによって子宮が収縮すると、体が痛みを感じるようになるというのは、自然な流れでしょう。ホルモンの分泌量はどうすることもできないと思うかもしれませんが、ホルモンの分泌量を抑えることは可能ですから、そういった対策をすることが、生理痛の緩和に繋がります。

また、元々子宮口が狭いという方も多いのですが、子宮口が狭いと、生理の時に、血がうまく体外に出ずに、生理痛に繋がると言われています。子宮口は、出産をしていない方は狭いということになりますので、出産をすることで子宮口が開き、生理痛が緩和されるとも言われています。

その他の原因として、食生活の乱れ、ストレス、疲れが溜まっているといったことも考えられますので、いくつかの原因に思い当たるという方もいるでしょう。だからこそ、なるべくその原因を取り除くことが、生理痛の緩和にも繋がりますので、必要があれば病院を受診するなどして、対策をとってみましょう。