生理痛と腰痛の関係について

生理痛と腰痛の関係について

生理痛には、様々な症状がありますが、腰痛もその一つです。なぜ生理の時に腰痛が起こるのかというと、女性ホルモンが原因となっていると言われています。生理中には、プロンスタグランジンという物質が子宮から分泌されることになりますが、その分泌量が多いことにより、ホルモンバランスが崩れ、腰痛を引き起こすことがあると言われています。生理の時に、必ずしも腰痛が起こるわけではありませんが、少なからずホルモンバランスが影響しているため、なるべくホルモンバランスを保つように心がけることが、腰痛予防にも繋がります。また、腰痛が起こっている時の対策法としては、腰を温めるといった方法があります。腰を温めることにより、血液の流れが促進されますので、腰痛が緩和されると言われています。

腰を温める方法としては、腹巻などをして、腰部分を集中的に温めるといった方法や、全身を温めるために、温かい飲み物を飲むという方法でも良いでしょう。直接腰をマッサージするといった方法でも効果がありますので、自分が手軽にできる方法を実践してみてください。

もちろん、最も良いのは、腰痛の原因を取り除くということですが、すぐに改善できるものではありませんので、気長に様々な方法を実践してみてはいかがでしょうか。