月経困難症の治療に使われるピル

月経困難症の治療に使われるピル

月経困難症と生理痛には関係があり、原因が似ている部分があります。月経困難症の方が、生理痛よりも症状が重いと言われており、日常生活に支障をきたすことがあるため、月経困難症によって婦人科を訪れる方も多いようです。

そんな月経困難症の場合、ピルを使用して、治療をすることもあります。ピルというと、避妊に使われるものという認識が高いかと思いますが、生理痛や月経困難症というのは、排卵後に分泌されるホルモンが影響しています。ピルを服用することにより、ホルモンの分泌を抑制する効果があるため、月経困難症などの症状を抑えることができるのです。つまり、ピルは月経困難症だけでなく、生理痛の緩和にも繋がるということになります。

ピルというのは、避妊のためだけに使われるものではなく、他の病気の治療にも使われているのです。ピルに抵抗を感じる方も居るかもしれませんが、月経困難症で悩んでいるのであれば、一度婦人科を受診し、治療方法について相談してみると良いでしょう。たとえば、ピルを使用するのであれば、リスクや副作用といった点についても確認した上で使用すれば、安心できるのではないかと思います。