生理痛で胸が張る原因

生理痛で胸が張る原因

生理が来た時に、胸が張るということもあるのではないでしょうか。これは、女性の方にしか分からない症状だと思いますが、なぜ生理中に胸が張ってしまうものなのでしょうか。

排卵をした後というのは、女性の体内で、黄体ホルモンというものが分泌されます。黄体ホルモンが分泌されることにより、胸が張ることになるのですが、これは妊娠に備えているからだとも言われています。妊娠をすると、女性は徐々に胸が張るようになってくるのですが、これもホルモンの影響によるものです。ホルモンの分泌によるものですから、それ自体を抑制することは難しいですが、女性ホルモンを摂取することにより、胸の張りなどの症状を抑えることができるとも言われています。

女性ホルモンに似た働きをするのが、大豆イソフラボンです。つまり、豆乳を飲んだり、大豆を食べたりすることにより、生理痛の緩和にも繋がるということになりますので、あまりにも胸が張るという方は、試してみると良いのではないでしょうか。多少胸が張る程度であれば気にならないかもしれませんが、中には、胸が痛くて辛いという人も居るようですね。女性特有のものですから、生理の間は辛いことでしょうが、自分に合った緩和方法を見つけてみると良いと思います。