月経困難症の原因は?

月経困難症の原因は?

生理痛であることにより、それが悪化して月経困難症になってしまうこともありますので、決して生理痛を甘く見てはいけません。月経困難症というのは、非常に辛いものですから、月経困難症であることにより、仕事に支障が出ている方も居るのではないでしょうか。そもそも、月経困難症の原因は、なんなのでしょうか。

月経困難症というのは、2種類に分けられます。器質性困難症と機能性月経困難症になりますが、器質性困難症の場合は、子宮内膜症、子宮筋腫といったことが原因で起きている月経困難症になります。放っておけば、どんどん病気は進行してしまいますし、月経困難症の症状も悪化することでしょう。子宮内膜症などの、女性特有の病気は、生理痛の原因となることもありますので、もし不安な点があるのであれば、早めに受診をして、必要があれば、治療を行っていきましょう。

また、機能性月経困難症というのは、プロスタグラジンというホルモンが過剰に分泌されることにより起こるものです。このホルモンは、排卵をした後に分泌されるものであり、痛みを引き起こすという特徴があります。こういったホルモンが分泌されればされるほど、当然辛くなるものですから、それによって起こるのか、月経困難症なのです。つまり、そのホルモンの分泌を抑制することにより、月経困難症の症状を改善することが出来るでしょう。

月経困難症にはこういった原因が挙げられますので、生理痛と似ているところもありますよね。生理痛だという方は、月経困難症にならないようにするために、そして、万が一なってしまった時のために、月経困難症の知識を身に付けておくことも大切でしょう。