更年期に近い方の生理痛の特徴

更年期に近い方の生理痛の特徴

40歳を過ぎると、更年期障害なども気になることと思います。年齢を重ねれば、生理痛にも悩まされなくなるだろうと思っている方もいるでしょうが、残念ながら、40代になっても、生理痛が重くて悩んでいる方は意外と多いのです。

しかし、40歳を過ぎてから、重い生理痛で悩まされているという場合には、女性特有の病気が原因となっている可能性があります。女性特有の病気というのは、子宮筋腫や子宮内膜症といった病気が考えられますが、こういった病気にかかる方は、40歳を過ぎたころから増えてきます。

また、女性は痛みに強く、我慢しがちですから、なかなか自分の病気にも気付かないという場合もあるのです。ただの生理痛だと思わずに、もし生理痛が重くて悩んでいるのであれば、婦人科を受診した方が良いでしょう。子宮筋腫などは、治る病気ですから、症状が進行しないうちに治療を始めることが大切です。