出産後の生理痛の特徴

出産後の生理痛の特徴

妊娠をすると、生理が来なくなりますし、出産をした後も、母乳で子育てする場合は、生理は来ないのが一般的です。授乳期を終えてからしばらくすると、生理が再開するということになりますが、出産を機に、生理痛が緩和される方も居ると言われています。ですから、出産をする前は生理痛が重かったという方でも、それが嘘のように、生理痛が軽くなる可能性があります。

しかし、中には、出産前よりも生理痛が重く感じることもあるようです。痛みがひどくなるだけでなく、頭痛が生じる、排便をする時の痛みが辛いといった症状が現れる方も居るのですが、こういった症状が現れた場合は、生理痛ではなく、他の病気の可能性もあると言われています。

たとえば、子宮筋腫、子宮内膜症などの可能性があるため、一度検査を受けてみた方が良いかもしれません。出産後の生理痛にも注意が必要です。