子宮筋腫について

子宮筋腫について

子宮筋腫も、生理痛の原因の一つとなります。子宮筋腫というのはどういったものかというと、子宮の筋肉に対して、良性の腫瘍ができてしまうことを指しますが、子宮筋腫になる女性は多いと言われており、成人女性の4分の1は、子宮筋腫が発生するとも言われているのです。最も多いのは、30代から40代の女性だと言われていますが、若い女性でも、子宮筋腫になることがありますし、閉経した後であっても、子宮筋腫になる可能性はあります。

子宮筋腫の原因として、確かな事は分かっていないというのが現状です。しかし、エストロゲンという女性ホルモンの作用により、子宮筋腫は悪化するとも言われているのです。

子宮筋腫の自覚症状は、あまり無いと言われており、ある程度進行してからでなければ気づきにくいと言われています。どういった症状があるのかというと、生理の時の出血量が多い、生理痛が重い、便秘になる、頻尿になる、下腹部が痛い、腰が痛い、貧血になるといったことが挙げられます。つまり、生理痛も症状の一つですから、あまりにも生理痛がひどいという場合や、その他の症状も現れている場合には、一度受診した方が良いと思います。女性は、子宮筋腫という病気にも気を付けたいものですね。