子宮内膜症について

子宮内膜症について

生理痛の原因として、子宮内膜症が挙げられます。子宮内膜症が原因で、生理痛が起こることもあるのですが、そもそも、子宮内膜症とはどういった病気なのでしょうか。

生理というのは、子宮内膜という部分において、女性ホルモンの影響により、増殖したり、剥離したりすることにより、起こるものです。しかし、子宮内膜症の場合は、子宮内膜ではない部分で、増殖、剥離する事になりますので、通常とは違った症状が現れるのです。

血液が出血したとしても、子宮内膜で無ければ、血を排出することができないため、体内に溜まってしまうことになります。たとえば、卵巣で子宮内膜症が起こることもありますし、仙骨子宮靭帯という部分で起こることもあります。人によって起こる場所には違いがありますが、最も起こりやすいのが、卵巣だと言われています。

子宮内膜症になった場合、生理痛が通常よりもひどくなりますし、生理痛を緩和する薬の効果が得られなくなります。また、出血量も多く、血の塊のようなものが出ることもあるのです。排尿をした時に痛みを感じる、下腹部や腰に痛みがある、生理が終わっても出血があるといった時には、子宮内膜症の可能性がありますので、早めに受診した方が良いでしょう。生理痛が重い場合は、こういった事にも気を付けてみてください。