生理痛の症状

生理痛の症状

生理痛と一言で言っても、生理痛の症状は、人によって違いがあります。生理痛の症状として主なものは、腰痛、腹痛、頭痛、眠気、吐き気、だるさなどが挙げられますので、多くの方がそういった症状に悩まされていることでしょう。

生理痛は、生理が始まった日から3日間ほど続くというのが一般的です。しかし、生理痛が重い方は、生理の間ずっと生理痛に悩まされることもあるのです。出血量が多ければ、その分生理痛もひどくなる傾向にあります。

また、生理痛の症状というのは、ずっと同じとは限りません。人によって生理痛の原因も様々ですから、その原因が無くなれば、当然生理痛も軽くなるでしょうし、反対に、元々生理痛が軽かった方でも、原因が出来ることによって、生理痛が重くなる可能性もあります。女性の場合は、出産が原因となり、出産後に生理痛が重くなってしまうということもありますが、この場合は、避けることが出来ないでしょう。いずれにしても、まずは自分に生理痛が起きている原因を探ることが大切だと思います。