生理痛と市販薬のロキソニンS

生理痛と市販薬のロキソニンS

2011年初めから、ロキソニンが市販薬として販売可能となりました。名前は「ロキソニンS」です。
今までの市販薬の痛み止めとどう違うのかというと、
医療用消炎鎮痛成分「ロキソプロフェンナトリウム水和物」を含んでいる、非ステロイド性消炎鎮痛成分です。
このロキソニンというのは、今まで病院へ行き、医師の判断のもとでしか処方できなかった医薬品だったのですが、これらを制限付き(第1類医薬として扱われ、 薬剤師の常駐する店舗販売業や薬局のみ)で販売可能になったわけです。
では、今まで病院でしか処方されなかった薬が、自身で購入し手に入るようになり、今までの市販薬の効果とどう違うのか気になると思います。
まず、どう違うかというと、上記に書いた鎮痛成分配合されているということです。簡単にいうと今までの市販薬よりは効果が高いということです。
やはりその分、今まで医師のもと処方されているものでしたので、販売価格は一般の市販薬よりは割高です。
気をつけたいのはロキソニンSは、鎮痛剤なので、胃に負担がかかりやすいです。
胃が弱い方には胃腸薬も併用する方が望ましいでしょう。
しかし、ただでさえ通常の市販薬より割高で、胃腸薬も併用する必要がある人にとっては費用がかさみ、デメリットの方が多いかもしれないですね。
もう1つ、メリットよりデメリットの方が多いかもしれないという方は、生理痛になる頻度が多く薬を服用する回数が多い方です。
この場合は、実際に受診し、多めに処方してもらうよう医師に相談をすれば、初診料などの病院代を支払ったうえでも受診する方が費用的には安い場合があります。
なので、頻繁に生理痛が無い人で効果が高いものを服用したい方、たまたま病院で処方してもらったお薬が切れてしまった人、多忙で病院に行く時間が無い人などが、利用するのが一番のメリットかと思います。
といっても、自分自身で、お薬を選び買うことができる時代なので、自分の生活環境や、生理痛や健康状態などを総合的に考えて購入し利用するのが良いですね。