アロマテラピーが効く

アロマテラピーが効く

ロマテラピーというと、精神をリラックスさせたり寝付きをよくする効果があるということは一般的に知られていることかと思います。
このアロマテラピーが生理痛にも有効なのです。
まず、生理痛と関わってくるものが女性ホルモンです。この女性ホルモンは通常であれば適度に分泌されていることで、体の状態などをコントロールしています。
しかし、生活習慣やリズムが乱れることにより、女性ホルモンにも悪い影響を起こし、その結果生理痛も悪化するということも多々あります。
これらを緩和するためには、女性ホルモンのバランスと整えてあげることにより痛みが緩和されます。
その整えるのに有効といわれているのが、アロマの香りの成分です。
香りの成分が脳の中でも女性ホルモンの分泌に関わっている場所へと到達してゆくのです。
それにより、バランスを整えてゆきます。
その他にも、香りの成分で痛みを和らげたりする効果もあります。
そのような生理痛を緩和させてゆく、具体的なアロマオイルの名前と効果は下記のとおりです。
●ローズ
心を落ち着かせ リラックス
ホルモンバランス調整
子宮を強壮  生理不順に効果
多量月経や 不妊症に良い
●ジャスミン 
子宮筋肉のこわばり、痙攣収縮を和らげる
ホルモンバランス調整 子宮強壮 
生理痛に効果
●クラリセージ 
生理痛に効果 少量月経
精神的な疲れをリラックスさせる
子宮を強壮 ホルモンバランス調整
●ラベンダー
 少量月経
苦痛の緩和 生理痛に効果
通経作用
●スィートマージョラム
生理不順 生理痛に効果
生理時のトラブルに良い
●ヤロウ
生理不順 重い生理 
子宮に良い効果
卵巣炎 子宮脱 子宮筋腫
更年期の各症状を緩和
この他にも、生理痛に有効な香りはありますが、これらは比較的手に入りやすいものかと思います。
そして、実際に選ぶときには、効果で選ぶというよりも、自分の好きな香りを選ぶということが大切になります。
好きな香りでリラックス効果も得られます。無理して嗅ぐという行為は逆に心身に良い影響がありません。
アロマの利用方法は様々あります。
ハンカチに1滴落として、自分の側やバッグにしのばせておきます。
もし、痛みを感じたときには、そのハンカチを鼻にあてて鼻で深呼吸すると良いでしょう。
また、アロマポットなども売っているのでそれを利用して部屋に香りを焚くことや、入浴時に3滴ほど入れるのも良いですね。
このときに、何か体に異常が出た場合にはすみやかに利用を中止してください。
アロマテラピーを利用して、うまく生理痛を緩和させてゆきましょう。