低容量ピルで生理痛を防ぐ

低容量ピルで生理痛を防ぐ

ピルと言えば、女性が服用できる避妊薬だと一般的に知られています。

このピルには、避妊薬としての効果以外にも実は生理痛を和らげる効果もあります。
ピルを服用する人は避妊薬として利用する以外にも、生理不順の人が利用する場合もあります。
ピルを服用すると、経血の量が減るという効果があります。
生理不順の人の場合、経血の量がとても多くなるとよくいわれています。それにより、経血を排出するにともなって生理痛になってしまう人がとても多いです。
特に、不順ではないひとでも、経血量がとても多い人も、それにより生理痛になる場合もあります。
ですので、ピルを服用して経血の量を減らし、痛みを少なくする効果が出るというわけです。経血の量が多く、生理痛が来るひとにはピルの服用は効果的かとおもわれます。
低容量ピルというのは副作用も少ないですが、人により状態や体質はさまざまなため、必ず医師の診察、相談が必要になります。
自分の生理痛の状態や、生理不順の場合はそれらを詳しく伝える必要があります。
そして、ピルを実際服用する際には、正しい容量と正しい服用方法でするようにしましょう。