市販薬の選び方

市販薬の選び方

生理痛に効く市販薬というのはテレビCMや、実際に利用したことのある人も多いので比較的ポピュラーなお薬ですね。
市販薬と一言にいっても、ただ生理痛を緩和するだけではなくその他にも実は色んな種類があります。
まず初めに市販薬で知っておきたいのは、「イブプロフェン」です。1度は耳にしたことのあるかとは思うのですが、この成分は生理痛の痛みの原因となる、子宮の筋肉収縮に対し効きやすく、効果が大いにあるものです。
ちなみにこの「イブプロフェン」は15歳未満の小児は使用してはいけない成分です。
15歳未満といっても、その年齢までに初潮を迎えている人はかなり多いと思います。その15歳未満の人が服用する場合には「アセトアミノフェン」という成分が含まれている薬が良いでしょう。
生理時に痛みが伴う以外にも様々な症状が併発する方はとても多いと思います。
例えば、生理時にむくんだり、頭がぼうっとしてしまうという人には、通常の成分プラスカフェイン入りのものを買うと良いでしょう。
カフェインは眠気を抑え、利尿作用があるためむくみや頭がぼうっとしてしまう方には良いでしょう。
しかし、カフェインは摂りすぎると体に良くないため注意が必要です。
カフェインというのは、胃液の分泌を活発化する作用もあるため、お腹が比較的弱い人や、胃が痛くなりやすい体質の方がいるかと思いますがその場合にはカフェイン入りは控えた方がよいでしょう。
胃も心配だという場合にはノンカフェインの市販薬や、胃酸を和らげる成分、又は市販薬に胃腸薬を併用するなどすれば良いでしょう。
次に、生理時にイライラしてしまったり、それにより頭痛や肩こりなど伴ってしまう症状の方に良いのが、プラス興奮を抑える成分が入っている薬です。
イライラに伴う頭痛や肩こりは、筋肉のこわばりや緊張により発生するため、鎮静成分配合の薬を服用すると良いですね。
以上、症状別に良いとされる成分について説明させていただきました。
最近のドラッグストアには、薬剤師さんも常駐しているところが多いので、症状の相談をし、それにあった生理痛に効くお薬を販売してくれますので、気軽に相談してみましょう。
ただ、通常よりも痛い場合や、何か違和感があったり、市販薬を服用しても症状が改善されない場合には1度婦人科に受診してみてください。