生理痛と漢方薬

生理痛と漢方薬

生理痛になると服用するお薬は一般的には、鎮痛剤などの市販薬や病院で処方されたものが多いと思います。
今回、紹介するのは、漢方薬についてです。
漢方というと、東洋医学のお薬で、自然の物を利用して作られているお薬として有名です。
生理痛にも良いとされている漢方ももちろんあります。
生理になる前から痛み始めたり、血色が良くない、強く痛み刺されるような感覚がする人にオススメの漢方が
「桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)」です。
このような症状のタイプの女性は血液の循環が悪いということにより発生します。
血液の循環が悪い原因が、ストレスが溜まっていたり、冷えなどがあります。
これらを「桂枝茯苓丸」によって体内の血液の循環を改善することにより、生理痛を緩和させることができるでしょう。
次に、生理の途中や最後で痛み始める、顔色が青白っぽく貧血気味、冷え性がひどい、小さくずっと痛いという人にオススメの漢方が
「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」です。
このような症状のタイプの女性は、慢性的な栄養不足により発生します。
栄養不足というのは、体内に必要な栄養素が不足していることにより子宮へ栄養を送ることができず、痛くなってしまいます。
だいたいは、体力が無くなっているときや元々あまり体が強くない人に起こりやすいです。
この、「当帰芍薬散」は、栄養物質を増やすという面で適している漢方なので、こちらを服用することをオススメします。
もし、血液タイプか、栄養タイプか迷う場合には、生理痛のくる時期で考えるとわかりやすいでしょう。
自分に合っている漢方薬が分かったら次にどのように漢方を服用してゆけば良いのか、という問題があります。
まず、痛みが激しい女性には今までの鎮静剤を服用し続けながら漢方を取り入れてゆきます。
痛む数日前には漢方を服用し、痛み始めて数日は鎮静剤、その後漢方・・というサンドイッチ型が良いでしょう。
そうしてゆくことにより、少しづつ鎮静剤の服用を減らしてゆくことが可能となります。
鎮静剤の副作用が怖いという人や、鎮静剤があまり効かないという人は1度漢方薬を試してみるのも良いでしょう。
ただ、あまりにも症状が重い場合は1度婦人科を受診した方が良いですね。その他の病気にかかっている可能性もあります。