会社、職場での注意

会社、職場での注意

ひどく重い生理痛をもってる方だと、会社を休まなくてはならないほどの人もいるかと思います。
その際に、やはり悩むのは、生理痛だと伝えるかどうかだと思います。
生理痛というのは同じ女性でも症状はバラバラであり、貧血や倒れてしまう人もいれば全く痛みも感じないという人もいます。
そして、男性は感じることのできない症状なので、職場や状況によってはうまく伝わらなかったり、不信の目で見られる場合も無いこともありません。
最近の会社は、生理休暇を申請できるところもあるので、それらがある場合には、会社の規則に則り申請の手続きをし、利用してゆく必要があります。
ただ、会社や職場により、休みにくい場合や、そのような特別休暇が無い場合もあります。例えば、有給休暇を申請しそれを生理休暇に利用することも良いかもしれませんね。
会社での申請や職場の状況も見てゆくと同時に大切になるのは、生理痛と上手く付き合えるように生活してゆくことです。
体を冷やさないように、飲み物や食べ物など食生活を改善していくことも大切ですね。
自分にあったお薬を常に携帯しておき、生理痛が来る前兆の頃にお薬を飲むということも緩和に繋がります。
やはり、自分の生理痛の原因を知るのが1番解決に近いです。
生理痛は、生活習慣が乱れるだけでも激しく痛むこともあります。そして、病気が原因で痛む場合もあります。
時と場合により病院に行くことや、ストレッチなど日々の中で緩和できるケアをしてゆくことにより、生理痛と上手く付き合えるようになるでしょう。