生理痛になる前に予防する方法

生理痛になる前に予防する方法

生理とは、一定期間をおいて必ずくるものです。
それとセットになってくるのが生理痛。
この生理痛をなんとかして、来る前に予防したいと思う人は多いでしょう。
生理痛の原因は、様々あります。
まずは、子宮に問題があるタイプです。
問題というのは具体的になにがあるかというと、具体的な病気(子宮内膜症や筋腫など様々)である可能性があるということです。
病気では無い場合では、子宮の形や状態が良くない可能性があります。
子宮に問題のある人の特徴は、通常より経血が多かったり、生理痛が尋常ではない痛みがするというような、異常が分かりやすいという点です。
このようなタイプに当てはまる場合には、なるべく早めに専門機関へ診察してもらう必要があります。放置しておくと悪化し病気が進行してしまっている恐れがあるので、病院へ行くというのが予防法でもあります。
次に、病気ではないタイプです。
病気ではないタイプにも種類があり、まずは子宮口が狭く、体がまだ成熟していない若い女性が経験するタイプの生理痛です。
これらは、歳を重ねるにつれ体が成熟し子宮口から経血が排出しやすくあることにより生理痛が緩和されてゆきます。
この場合は、若いゆえの生理痛のため、生理痛になる前に、痛み止めを服用することが予防となります。
あとは、体を冷やさないように生活することも大切です。
次に、血流の循環が悪いタイプの生理痛です。
経血を排出するために子宮はある程度収縮して血流は通常より悪くはなるのですが、これが収縮しすぎることにより痛みが伴う場合や、冷え性が原因で血の巡りが悪くなり、痛む場合があります。
この、血流タイプの人は、とにかく体を冷やさないように生活をするということが第一の予防となります。
カイロを利用したり、暖かい格好をして外出することはもちろん、飲料などにも注意が必要です。
そして、意外と知られていないのは便秘は血流が悪くなるということです。
便秘は特に女性に多い症状のため、食物繊維を積極的に摂取し、水分などもこまめに摂ることが大切になります。
また、それ以外にも生活環境による生理痛のタイプもいます。
主に、ストレスが原因です。
ストレスを解消することが良い予防になるので、自分なりのストレス解消法を利用してストレスを解消することが大切です。
このほかに、心理的な問題もあります。生理痛といえば、苦しい、痛いなどという思いこみからストレスに発展することもあります。なので、なるべく辛いという考えを捨てて、どのように改善緩和してゆくかというのを考え実行することでも、予防に繋がるでしょう。
自分のタイプに合った予防をすることにより、生理痛を改善させてゆきましょう。