生理痛と冷え性

生理痛と冷え性

女性のほとんどの方が、「冷え性」というのを自覚しています。
手足が氷のように冷たく、お風呂やベッドに入っても温まるのにものすごい時間が掛かる状態です。
この、冷え性と、生理痛というのはとても深い関わりがあります。
まず、体が冷えることにより子宮が収縮し、経血が排出されにくくなり、痛みが感じられます。
そして、意外なことに生理になること自体、全身の血流の流れが悪くなり結果より冷えやすくなってしまうのです。
この、体の冷えから生理痛が来ている場合は、冷えを解消することにより解決することがあります。
体が冷えやすい・冷え性の方で、生理痛がある方は1度、冷え対策をとってみると良いでしょう。
具体的に、冷え対策というのは沢山ありますが、自宅や職場で簡単に出来るものを紹介させていただきます。
まず、温かい飲み物を飲むことで体の内部を温めます。冷たい飲み物は文字通り体や内臓を冷やしてしまいます。
次に、トイレは我慢しないことです。トイレへこまめに行くことにより生理中の不快感やうっ血感が軽減されます。そして、体を動かしていない状態ではよりいっそう血流が悪くなります。
オフィスワークなどあまり体を動かせない場合には、トイレへ行くという作業とでちょっとした運動にもなります。
できれば、トイレの中で、軽くストレッチ等をすることでより効果は得られるでしょう。そのときに重点的に考えるのは、あしや腰のストレッチです。
そして、生理に伴う下腹部痛でよくお腹をカイロなどで温めたり、お腹をさすったりする人がいるかと思いますが、お腹だけ温めるよりより効果的な場所があります。それが、腰です。痛む下腹部のちょうど反対側の腰の部分に貼るカイロなどをつけるとより温かくなります。
生理痛緩和の一手段として、この体の冷え対策をしてみると良いでしょう。